メインイメージ

醤油ソムリエールの肩書で全国の醤油蔵を取材し、紹介活動をしている黒島慶子さんに、醤油についてお話を伺いました。

2018年6月15日(金)


Share > facebook share twitter share

4.新しい醤油の造り手が見ているもの

黒島すでに自社醸造を辞めた蔵元さんは、外で造った醤油を買って売っているのですが、その醤油蔵を継ぐ際、思いきって自社醸造を復活させる若い人も出てきています。

阪本せっかく実家の醤油蔵を継ぐんだったら、やっぱり自分で造った醤油を売りたいということですか?

黒島はい。醤油造りを学んで、醤油を造る道具を揃えて、自ら販路を築いています。
投資額が大きいので、事業を軌道に乗せるのは相当大変そうですが。

阪本昔から関わっている人とは違う、醤油に対する夢みたいなものがあるのでしょうか?

黒島漠然とした推測ですが、生きがいにつながっているのではと思っています。
自分ならではの醤油の味を造ることに生きがいを感じるというか。
これは醤油に限った話ではなく、木桶を作る活動もそれに近いのかなと感じています。

阪本便利な大量生産製品がある一方で、自分の手で何かを生み出す機会が少なくなっている。
そんな社会にもどかしさを感じている人が増えているのかも知れませんね。

黒島「手造り」「昔ながらの」と言う世界に魅力を感じる人が増えていると思いますね。
自分で醤油造りを始めるくらいですから、やりがいとして手造りに向かうのでは、と考えたりしています。

阪本そう言う人たちは貴重だな、と思いますね。

黒島醤油造りも大事なのですが、味噌などの他分野で活躍する面白い人たちと繋がり、コミュニティを作って生きていくような流れなのかな、と思ったりします。
売り先もスーパーではなく、服を売るお店に卸したりしているようですし。

阪本価値観が同じ方同士でつながるようなイメージですね。

黒島そうみたいです。
こういう方たちのことは、造られる醤油の味だけで評価される訳ではないのでは、と思っていて、造り手さんのライフスタイルや価値観を通じて手造りの醤油をPRするように思えます。
買う側も、醤油だけを見ているのではなく、造り手さんのあり方というか、生き方のようなものを感じながら、その醤油を評価している気がするんですよね。

阪本こう言う新しい造り手さんのご紹介も、これから増えていきそうですね。

黒島そうですね。

阪本そうなると、醤油を紹介することの背景や意味が増える気がします。
醤油だけでなく食生活やライフスタイル、地域のことも一緒に伝えなくてはいけなくなりますよね。

黒島そう思います。

阪本黒島さんの役割やお仕事の中身が、一層多様になる気がします。

黒島私は「醤油ならこれが一番」と言う紹介の仕方は、誰に対しても難しいと思っています。
醤油の基準とは別に、造り手さんのライフスタイルを通じて醤油への親近感を持つ人もいれば、昔の習慣に基づいて醤油を選ぶ人もいるだろうし。

だから、自分がその方にヒアリングして、その方の背景や醤油に対する視点をきちんと知ることが大切だ考えています。

阪本皆さんのこだわりもさまざまですしね。

黒島そうなんです。

阪本普段の食事の中で、もっと醤油の存在を高めていくにはどうすれば良いか。
何かお考えはありますか?

黒島目に見える程度に量を稼ぐというよりは、身近さを実感していただくと言うのでしょうか。まず、醤油って、一人当たりの摂取量が一年で1.9・、1日換算で5.4cc(小さじ一杯程度)と言われているんですね。

阪本決して多くないですよね。

黒島はい。消費量を増やすといっても限度があるだろうと。
まず、家庭で料理する人が増えるだけで、食事も醤油の消費も変わるはずだと考えています。最近は、単身住まいの方も増えたので、小瓶が出だしていますよね。そういう暮らしの変化に即した食事のあり方なども、大切なアプローチかも知れません。

阪本海外に比べたら、日本はまだ外食も中食も多くはないようですが、家で食事をする頻度の落ち方が激しいと聞きます。
家庭料理に目を向けていただくことで、醤油を見直してもらうきっかけにもなるのでしょうね。

黒島自分も料理することを欠かさないようにしています。
例えば、北海道の人が九州のたまり醤油を知りたいときなど、醤油だけでなく、向こうの気候や郷土料理と合わせて情報を伝えないといけないと思っているので、自分も勉強します。
地域の醤油を知るってことは、その地域の料理を知ることと一緒なんですよね。

阪本料理を身近に感じていただき、その中に醤油があり、結果として少しでももっと売れていったら、醤油にとっては良いお話しですよね。

黒島そうですね。
自分ができることは、醤油が欲しいと思っている人のイメージに合う醤油をご紹介することだと思っているので、醤油に興味を持ってもらうきっかけを作っているつもりです。

阪本入り口を増やすと言うことですね。

黒島そうです。
今行っている醤油のワークショップでは、お子さんたちと一緒に柑橘類と醤油を混ぜてポン酢を作ってみるなど、なるべく関心を持ってもらいやすい企画にすることを重視しています。
いざ、醤油を仕込む・絞るとなると、ドロドロした液体を見てもらうことになるのですが、これが今まで知らなかった醤油の姿を見ているみたいで、興味を持ってもらいやすいんですね。
難しいことから始めずに、体験したり、好奇心を刺激できるようなワークショップを大事にしています。

阪本とても面白そうですね。

1 2 3 4 5